アスリートのための就職・転職コンサルタント











   



   
   
  トップページ > アスリブインタビュー > 日本綜合地所㈱様
 
アスリブインタビュー 日本綜合地所株式会社 取締役 高城太郎様

interview-t.jpg

Q横浜高校から専修大学ボクシング部へ進学されていますが、まずはボクシングとの出会いについて教えてください。

横浜高校でボクシングを始めたのは、中学生の頃、近所だった横浜高校にボクシング部があり日本一強い学校だったことを知って興味を持ったからです。また、マンガの"あしたのジョー"の影響もありました。

Q私自身もボクシングをやってきて知っているのですが、ボクシングの練習って、もの凄くつらいじゃないですか。退部をお考えになられたことはなかったのですか?

監督には何度もやめたいと言いました。でも、人気があるスポーツと違い、部員も少ないので続けました。その後、練習をして実力がついて自信がつくと面白くなりましたし、チームが強かったからチームメイトに迷惑をかけられないので、チームの為にも残りました。ボクシングは個人競技ですが、大会などが始まるとある意味チームワークの大切なスポーツになるのです。

Q部活を通じて学んだことはなんですか?

部活からは多くのことを学びました。
他の学校の練習を知らないので、他校の練習より厳しかったかどうかというと解りませんが、精神的にも肉体的にも、厳しい状況にいたことは確かですね。でも厳しい環境に身を置けたことは良かったと感じます。

Qそれは具体的にどう良かったとお感じになられているのですか?

日常的に向かい風が吹いている状態でしたので、精神的にも肉体的にもフォローの風が吹かなくても、つまり無風であっても追い風になったように感じました。つまり、楽に感じるのです。

Q当時の就職活動の状況はいかがでしたか?

就職氷河期と言われる時代ではなかったので、以外とあっさり決まりましたよ。
2社しか応募しませんでしたから(笑)。

Q今の会社をなぜ選ばれたのですか?

専修大学を卒業して入社した会社は明和地所株式会社の新橋支店でした。実は当時、その新橋支店の支店長が現日本綜合地所の代表取締役社長の西丸誠氏だったのです。

Q前の会社を退職して新会社設立に参画することは非常にリスクがあると思いますが?

ただ、そこでの仕事があまり好きでなかったからです。
不動産業界ではすでにバブルが崩壊し、売ることが厳しいからへこたれている人が多かった。でも私はその厳しい時に入社して、「厳しい」が普通になっていましたから辛いとは感じませんでした。先ほど申しましたように、ボクシングの練習と同じで、厳しいが普通になっていたのですね。
その影響もあってか、当時の上司の協力もあって2ヶ月後には全体で営業のトップ成績、年間を通してもトップを維持しました。

Qその成果とスポーツがリンクするものってありますか?

負けず嫌いというスポーツ選手魂が活きたのだと思います。
スポーツ選手のトップ、営業マンのトップには負けず嫌いが多いですよ。

Qその他にスポーツの経験が仕事で活きていることはなんですか?

スポーツをするには、共同体に属します。私は、監督、コーチ、先生や先輩から礼儀作法も教えて頂けたと思っております。
また、仮に先生や監督がいなくても先輩、後輩から精神を培われたりもしました。
強い選手はしっかりと礼儀を鍛えられ、あいさつ、その他の作法をわきまえていると思います。
それと、10年前に先輩に教えられたことが今になって活きていると感じますね。
今自分が部下に教えることが、10年後にまたその部下に引き継がれる。これはシステム化していて、凄いことだな、と感じています。
今、自分が後輩に教えることが、大きな花を咲かせる種になるのだと思っています。それは礼儀だけではなく、ボクシングであれば技術、ビジネスであれば営業のコツのようなものになります。
その他にボクシングがビジネスに活きていることは、相手を読むことです。ボクシングにおいても相手の攻撃や守りが読めれば試合を支配できます。営業畑一筋だったので、顧客が考えていることを読むということを心掛けました。ビジネスでは言葉や仕草で相手を読むということも大事ですね。

Qそれでは、最後に今の学生またプロボクサーなどのアスリートに向けて一言お願いします。

とにかく、頭でっかちにならないことですね。
内定をたくさんもらってもすぐ辞めることが悪いこととは言いませんが、仕事を趣味にするくらいの形でやるのが一番だと思います。
楽しみながらやれば苦じゃないですから。
なぜボクサーがあれほどの練習や減量を耐えられるのかというと、それは楽しくやっているからです。仕事も同じだと私は思います。
私は自前でチラシを作り新聞の折り込みにしようと配達店に持って行ったこともあります。
休日もチラシをまいていました。趣味感覚ですから(笑)。
一流の野球選手が道具を自分で買うことは、スポンサーのいないボクサーと同じです。
趣味感覚で、道具も自分でそろえるくらいに考えるのがいいと思います。
それと、入社後に後悔して辞めるのは、自分にも会社にもマイナスですよね。
そうならないように、趣味にできるような仕事をみつけて欲しい。どんな会社に行っても少々あわないことはあるということは忘れないでほしいです。
あとは、自分がどう中心になって会社をひっぱっていくか、という姿勢ですかね。
ストイックに生きて趣味の一環と考えながらストイックに仕事をすることも重要ですよ。

お忙しいところ有難うございました。
今後とも宜しくお願い致します。


 
   

Copyright 2007 ATHLIV CORP ©. All rights reserved. Terms of use  |  Privacy Policy